iPhoneで地デジを見る方法を徹底解説

iPhoneで地デジを見る方法

 

iPhoneの画像

今やほとんどの携帯電話やスマートフォンでワンセグ放送を受信することは可能ですが、
iphoneのようにテレビ視聴機能がない機種も存在しています。

 

アップルが提供する世界的にシェアの大きいスマートフォンであるiphoneは、
国内でも非常にシェアの高いモバイル端末になりますが、
そのすべての人がテレビ視聴機能を必要としていないとは考えにくいです。

 

ここではiphoneなどテレビ視聴機能をデフォルトで実装していない機種でどうやってテレビ視聴を可能にするか解説します。

 

 

 

Wi-Fi端末内蔵チューナーを利用する

iphoneにはデフォルトでテレビ視聴機能は内蔵されていませんが、
アプリや外付けチューナーなどを利用して地デジを視聴する方法があります。

 

では、外付けのチューナーにはどういうものがあるかというと、
よくタブレット端末を利用している人でPocket Wi-Fiを利用している人がいます。

 

フーウェイジャパンの303HW/304HWなどはテレビチューナーを内蔵させており、
こちらとiphoneをつなぐことでワンセグ放送やフルセグ放送を受信できるようになります。

 

iphoneからはアップルから提供されている「テレビ視聴」などのアプリをダウンロードする必要があります。

 

 

 

 

別売りの外付けチューナーを内蔵する

またUSBコネクタなどで外付けのチューナーをつないでワンセグ放送を受信する方法もあります。

 

フルセグのハイビジョン放送を閲覧できることも多く、ついているアンテナを伸ばすことでより感度が上がることも可能です。

 

ただ、小型とはいえ、端末を外付けしなければいけないので、ポータブル性が低くなることが最大のデメリットになります。
全長が伸びてしまってポケットにおさまりきらないということもあります。

 

 

 

チューナーなしの無料アプリ

視聴できる番組は限られますが、
チューナーがなくてもインストールするだけでテレビ視聴ができるようになるアプリも存在しています。

 

 

 

 

iphoneにテレビ機能が搭載されていない理由

では、「なぜiphoneにはテレビ機能が搭載されていないの?」という疑問にぶち当たります。

 

iphoneは国内でもシェアの大きいモバイル端末ですが、
世界的にも広く使われており特定の地域の放送環境に合わせて作られてないという特徴があります。

 

よりグローバルな視点で不要なソフトや仕様を作らないことで世界中でヒットしているのがiphoneの強みといえるでしょう。